FC2ブログ

土の選別

地元でとれた土の選別作業を暑い中しました。

白っぽい土から赤土まで、金づちで砕いては分けていきます。

今日一日で、120キロほど選別しました。

土1

白土灰釉に使う土は、一番白い物を使うため、赤土が混ざった物は極力避けます。

土2

これで、鉄分が1%未満。白土灰釉に使う鉄分はこれ以上あると、白くなりません…

120キロほど選別して、10キロくらい…とても貴重…

土3

黄土灰釉(ベージュっぽい色)に使う土は、鉄分が約2%以下で良いので、たくさん取れますがその中でも良質な部分を選びます。

画像では分かりにくいですが、毛細血管のように水酸化鉄が広がっていおり、鉄分の色の濃さや、極力ない物を選別しています。

その他、赤土等に分けていきます。


単調な作業が続くし、金づちを細かく使うので右手が痛い… 少し気晴らしにコーヒーブレイク

備前に行ってきた。

先日、備前に土を仕入れに行ってきました。

大阪太閤園の陶芸教室の電気窯で、緋襷(ひだすき)の作品を作る為のものです。

テストした結果、良い色が出たので採用しました。

私、個人では備前の土は使いませんが…

来年の穴窯でも、後ろの方に入れて生徒さんの備前作品ができるか、試してみようと思っていたところ

ちょうど、作家仲間が10月に穴窯を焚くので、テストで入れてもらう事にしました。

うまく焼ければ、生徒さんの穴窯での作風の幅が増えるので、楽しみです。

まぁ~、私、個人では備前の土は使いませんが…


ついでに、備前の展示場を見に行った時に、若手作家さん達の合同展示がありました。

皆さん、備前焼の中で個性を出そうと切磋琢磨している様子が、作品から感じられました。

「備前焼」と言うバックアップがあるがゆえに、個性を出しすぎると…

難しいところです…

その点、私は自由!!しかし…「~~焼」と、うたっていないがゆえに…

難しいところです…



穴窯でうまく備前が焼けたら使うかも…いやいやと思いつつコーヒーブレイク

法然院

先日、京都の法然院に行ってきました。

法然院1 法然院2

法然院さんでは2005年を最後に個展をしていませんでしたが、

来年しようと思い、家族で久しぶりにお伺いしました。

何も変わっておらず、懐かしく思いました。

来年10月末に個展をすることが決まったので、また、その時は遊びに来てくださいね。

帰りに甘味処「喜み家」さんによって、「豆かん」をおいしく頂きました。

オーナーさんにも久しぶりに会えて、我が息子が大きくなっていて驚いていました。


法然院さんで最初に個展をしてから10年以上経つのか~と思いつつコーヒーブレイク

寿命…

久しぶりに、デスクトップパソコンの電源を入れてみた…

ビリビリ~~・・・・・ぷすん…

!!

すぐにコンセントを抜いて、パソコンの様子を見てみると…

後ろあたりが臭い!!

基盤がショートしてしまったみたい…

かなり古いからな~寿命でしょう…

データのバックアップ用に使っていただけなので、問題ないが残念。

ハードディスクだけ取り外しておこう。


長い間お疲れさま、と思いつつコーヒーブレイク

個展無事終了。

太閤園(大阪)での個展が無事終了しました。

暑い中、たくさんの方に来て頂きありがとうございました。

今回、地元「宍粟市(しそうし)で採取した土」を元に作った釉薬(白土灰釉)の作品をメインに展示しました。

作品1

白土灰釉が「大地」、織部釉が「木々の緑」をイメージして、宍粟の大自然「宍粟の森」を表現しています。

作品2 作品3

地元の土で作った「白土灰釉」は、今回初発表でしたがとても好評でした。

数年かけて試行錯誤した結果、やっと地元のものを取り入れ、表現できる作品が出来ました。

地元で採取できる良質な土は少量なので、とても貴重…


次の個展に向けて頑張ろう!!と思いつつコーヒーブレイク

プロフィール

tourakugama

Author:tourakugama
穴窯、自然釉の作品を作っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR